消費者金融で3万円借りるための工夫

消費者金融で3万円借りるための工夫【キャッシング、カードローン】

消費者金融で3万円借りるためには、一つ工夫をしておくことが賢明です。

 

何かと言うと、なるべく金利の低いサービスを選択することです。

 

実は、3万円程度の融資ならば無利息でお金を借りることができる消費者金融が存在します。

 

これは少額融資特有のサービスになっていますので、借りるときにはこうしたサービスを選択するほうが返済するときの負担が軽減されて良いのです。

 

そもそも、消費者金融が提供している少額融資のサービスに関しては、利息に関する法律が存在していますので利息はその法律を根拠として請求しなくてはいけないようになっています。

 

この法律の事を利息制限法と言います。

 

利息制限法では、融資の元金に伴って設定される金利の範囲が異なるようになっていますので、その範囲を的確に知っておかないと融資に関して大きな損をしてしまう可能性も存在しているのです。

 

例えば、3万円と30万円の融資を見てみれば非常にわかりやすいです。

 

前者の融資に関しては、利息制限法の規定によって20%まで利息を請求することができるのですが、実は30万円の融資に関しては金融機関は18%までしか利息を請求することができません。

 

これは、利息の請求額が元金に比例して大きくなっていく事を懸念して作られた法律ですので、融資の元金が大きくなればなるほど自然と利息の負担を小さくしなくてはいけないようになっているのです。

 

実際、100万円以上の融資になると最大で15%の利息しか金融機関は請求できません。

 

つまり、3万円のお金を借りるときには他の融資のサービスと比べて利息の請求率が高くなってしまう傾向にあるのです。

 

だからこそ、無利息でのサービスを利用することが賢明だと言えます。

 

無利息の融資を提供している消費者金融の特長は、期間限定で提供している傾向にあります。

 

例えば、一週間以内にお金を全額返済することができれば無利息とする、と言ったように最初から期間を決めておくわけです。

 

実際、少額融資のサービスは消費者に対する返済の負担をあまり強いない傾向にありますので、非常に短期間の内にお金を返済することも可能になっています。

 

特に、3万円程度の小さなお金になると即日に借りて翌日に返済することも全く不可能ではありませんので、期間限定とは言え簡単に返済することができる無利息のサービスを利用することはやはり理に適っていると言えるのです。

 

審査の内容も普通のキャッシングのモノと変わりありませんので、借りるのならばこうした便利なサービスを利用するほうが良いわけです。

 

おすすめキャッシング

 

1位 プロミス 2位 アコム 3位 モビット

女性はプロミスレディースキャッシング