今すぐお金が欲しい人がお金を借りるときのメリットとデメリット

今すぐお金が欲しい人がお金を借りるときのメリットとデメリット

急に欲しいものが見つかったり、飲み代などが足りなくなったときなど、今すぐお金が欲しいという状況になる人は少なくありません。

 

このような場合、すぐにお金を借りる事ができるのがキャッシングやカードローンなどです。

 

これらは無担保の融資になっていますので審査スピードが早く、業者によっては即日融資も可能になっていますので、今すぐお金が欲しいという要望にも迅速にこたえてもらえるというメリットがあります。

 

キャッシングを扱っているのは銀行系、信販系会社、消費者金融系など様々ですが、最も融資スピードが早いのは消費者金融系で、申込んだらすぐに審査に入り、大体数十分程度で融資の可否についての連絡があります。

 

その後、契約内容に同意すれば振込みによる支払いが行われますので、銀行の開いている時間に間に合えば、atmから現金を払いだしてすぐに現金を用意することが可能となっています。

 

このように非常に便利なキャッシングですが、デメリットもあります。

 

それは、便利さゆえに高額の借り入れをしてから返済できなくなる人も多いため、貸し倒れを防ぐために高額の利息を設定しているという点です。

 

利息制限法上の上限は年15〜20%となっており、単純計算をすると、100万円借入をしたら年間15万円の利息を払わなければならないということになります。

 

もちろん、返済に応じて借り入れ金額が減っていきますので実際には利息も変化して行きますが、約定どおりに支払っているとかなり高額の支払いになりますので、必要なときに現金を借りることができた後は、必ず早いうちにできれば全額を返済するように心がけましょう。

 

こうすることで、日割り計算の利息は利率が高くてもかなり支払い金額が安くなり、今すぐお金が欲しいという要望に対応してくれるというメリットだけを活かすことができます。

 

上手に利用すれば、提携先のatmも多いので、非常に便利なサービスであるともいえます。

 

おすすめキャッシング

 

1位 プロミス 2位 アコム 3位 モビット

女性はプロミスレディースキャッシング